ドールハウスで夢のミニチュア世界をつくる

ドールハウスで夢のミニチュア世界をつくってみませんか?

*

ミニルーターは長年悩んでこれに決めた

      2021/09/05

ドールハウスを初めて何年になるんだろう、確実に30年以上は経っています。多分40年ぐらい。初めは住宅雑誌で見た、家庭の主婦が趣味で作ったドールハウスを見たのがきっかけでした。もともと木工が好きなんでしょうね。のこぎりや、金づちなどの作業を見ているとワクワクするのです。その雑誌では9ミリのコンパネを切って、ハウスを作っていたのですが、見よう見まねで作ったのが始まりです。

基本ものづくりが好きな私は、その後のドールハウス作りでは、木工に限らず、色んな技術を使ってきました。本格的ではないのですが、興味を持ったらやりたくなってしまう性分です。

次のようなことに挑戦しました

いろんな工具が必要になりました

  • 縫物(手縫い、ミシン縫い)
  • 編み物
  • レジン
  • プラバン
  • 粘土細工
  • 木工
  • レザークラフト
  • はんだ作業
  • デジタルノギス(主に木工、めちゃめちゃ便利)
  • ミシン
  • ネイルドライヤー(レジンに使う)
  • はんだこて
  • エンボスヒーター(プラバンに使う)
  • レザーの道具(多数の道具が必要)

自分の性格上、いろんなものつくりを見ているとやりたくなっちゃうんです。悪い性格ですね。レザークラフトなんていい例で、ミニチュア置いといて、レザーの物を作りたくなっちゃうんです。と言いつつ、何でもかんでも道具を手あたり次第買うわけでもなく、安いものでも物の購入は慎重です。なので必要以上に検討を重ねます。

長年、木工で家具を作ってきたのですが、ルーターの存在を知ってからというもの、欲しくてほしくてたまりませんでした。アマゾンでいろんな商品のレビューを、穴のあくほど見たのは言うまでもありません。でも決められなかったんです。買ったはいいが、あっちの方がよかったと後悔したくなかったんです。見落としがないように、とにかく検討をしていました。

ルーター、リューターなどで検索ばかりしていたので、この製品を目にすることはできませんでした。そんなある日、偶然見つけたのがアルゴファイルのマイクロモーターでした。価格は2万ほど。でも寝ても覚めても、欲しい欲求に、かられたんです。

はじめ検討したのは、この2万円の価格に躊躇もしました。それほど使うのか?が最大の悩みの原因でした。アマゾンで質問もしました。有名どころのプ〇クソンやドレメルも、壊れやすいのレビューや、いくつも使ってきたが、これが最高でしたなどのレビューを見て、そんなにいいものなら後悔はしないだろうと考えたのでした。

アルゴファイル マイクロモーターシステム スターライトセット ブラック SBH35nST-B-3024

ほぼこれに決めかけていたころ、この機種とほとんど同じのものですが、さらにいいものを見つけてしまったのです。さらに予算が1万円アップになります。後機種のこちらは前機種と違うのが、低いトルクでも動き続けるのが最大の違いのようで。またまた半年ほど悩んでしまいました。でも、これに決めました。3万ほどしましたが一生モノの予定で買ったルーターは、これです。これに決めました。これを買っておけば、私のもの作りには十分なルーターの役目を果たしてくれるものとして、購入しました。

アルゴファイル 【3.0φコレット+2.35φスリーブ仕様】マイクロモーターシステム スターP30セット (ブラック)

悩みに悩んだ末、我が家に届いたルーターはこちらです。

選ぶ際に決め手となった点、使い心地や失敗などのレビューは、また次の記事でお知らせします。

ルーターと書いていますが、ルーターで検索してもこの商品はヒットしません。なので見つけたのも、かなり後のことでした。

2021年3月購入

 - 道具と使い方, 日記 , , ,

演目の種類